ホーム > 知財総合支援窓口とは

知財総合支援窓口とは

知財総合支援窓口パンフレット

関連リンク

  • 特許庁
  • 近畿経済産業局
  • 知財総合支援窓口 知財ポータル
  • 特許情報プラットフォーム
  • 電子出願ソフトサポートセンター

ここから本文です。

中小企業等が企業経営の中で抱えるアイデア段階から事業展開までの知的財産に関する悩みや課題を一元的に受け付け、知的財産に携わる様々な専門家や支援機関と共同してその場で解決を図るワンストップサービスを提供しています。

支援内容

(1) 窓口支援担当者によるその場で適切な解決方策判断・遂行する支援

  1. 特許制度の説明
  2. 知財に関する各種支援施策の紹介
  3. 特許出願等の手続き支援(電子出願等)
  4. 特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)検索支援
  5. 企業経営における知的財産意識の動機づけ

(2) 適切な知財専門家(弁理士・弁護士)を活用して共同で行う支援

  1. 簡易先行技術調査支援
  2. 特許マップ作成支援
  3. ライセンス契約・技術移転支援
  4. 模倣品・侵害訴訟対応支援
  5. 知財戦略・事業化プラン策定支援
  6. 海外展開(外国出願等)支援

窓口支援担当者 (知財支援アドバイザー)

相談内容を的確に把握し、適切な解決方策を導き出す専門の知財支援人材「窓口支援担当者」(知財支援アドバイザー)が3名常駐し、特許権、商標登録等に関する無料相談に応じています。

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

2015 sawada ad2

澤田 敬

 

 2015 shinoda ad 2

篠田 英穂

 

h28ohama

尾濱 昌宏

 

知財総合支援窓口の支援事例

 ■近畿管内の知財総合支援窓口による支援事例 (近畿経済産業局 特許室)
   知財総合支援窓口の支援事例(近畿)

  ■全国の窓口の支援事例 (知財ポータル支援事例)
   「窓口支援事例」

一般社団法人奈良県発明協会 知財総合支援窓口

Copyright(C) 一般社団法人奈良県発明協会 All Right Reserved.