ホーム > 知財情報 > 早分かり特許法

早分かり特許法

ここから本文です。

知的財産権について

知的財産権には、特許権や著作権などの創作意欲の促進を目的とした「知的創造物についての権利」と、商標権や商号などの使用者の信用維持を目的とした「営業標識についての権利」に大別されます。

知的財産権の種類

産業財産権について

知的財産権のうち、特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の4つを「産業財産権」といいます。
産業財産権制度は、新しい技術、新しいデザイン、ネーミングなどについて独占権を与え、模倣防止のために保護し、研究開発へのインセンティブを付与したり、取引上の信用を維持することによって、産業の発展を図ることを目的にしています。
これらの権利は、特許庁に出願し、登録することによって、一定期間、独占的に実施(使用)することができます。

産業財産権の例

特許・意匠・商標等の産業財産権制度の概要をもっと詳しく知りたい、あるいは、出願や登録、中間処理等の手続方法を知りたい。

このような場合は、お気軽に「知財総合支援窓口」へご連絡ください。

一般社団法人奈良県発明協会 知財総合支援窓口

Copyright(C) 一般社団法人奈良県発明協会 All Right Reserved.