ホーム > お知らせ > 研究開発型中小企業の特許料等減免措置について

研究開発型中小企業の特許料等減免措置について

知財総合支援窓口パンフレット

関連リンク

  • 特許庁
  • 近畿経済産業局
  • 知財総合支援窓口 知財ポータル
  • 特許情報プラットフォーム
  • 電子出願ソフトサポートセンター

ここから本文です。

2015年6月9日

「研究開発型中小企業の特許料等減免措置」について、近畿経済産業局より、お知らせがあります。

 試験研究費等比率が収入金額の3%を超える研究開発型中小企業の減免要件に係る運用について 
※本運用は、平成27年6月1日以降に当局に提出された減免申請から適用することと致します。

 現行法では、試験研究費等比率(一事業年度における試験研究費及び開発費の合計額の収入金額に対する割合)が3%を超える中小企業の特許出願について、特許料及び審査請求料の減免の対象とされております。
 当該試験研究費等比率の計算における分母である「収入金額」につきましては、法令上、総収入金額から固定資産又は有価証券の譲渡による収入金額を除いたものであることが規定されておりますが、固定資産又は有価証券の譲渡による収入金額以外に総収入金額から除かれる収入金額について、以下のとおり明記します。

 収入金額=総収入金額(「売上高」+「営業外収益」+「特別利益」)-「固定資産又は有価証券の譲渡による収入金額」-「その他収入金額から除外するもの」

※法令上は明記されておりませんが、「その他収入金額から除外するもの」として、国税還付金、貸倒等引当金戻入益、固定資産又は有価証券に係る評価益については、収入金額から除外することといたします。

★詳細はこちらをご覧ください 【お知らせWEBサイト】

お知らせ一覧へ戻る

一般社団法人奈良県発明協会 知財総合支援窓口

Copyright(C) 一般社団法人奈良県発明協会 All Right Reserved.